香港H株反落、BNPが投資判断引き下げ-上海総合は小幅高

香港に上場する中国本土株の指標で あるハンセン中国企業株(H株)指数は反落。BNPパリバが本土株の 投資判断を引き下げた。中国国家外為管理局(SAFE)が約100億ド ル(約1兆1000億円)規模の不正貿易が見つかったと発表したことも響 いた。

H株指数は前日比0.7%安の10640.09で終了。BNPが同日のリポ ートで、中国経済の弱さが続いているにもかかわらず、広範な景気刺激 策が近く講じられるとは思われないとして、本土株の投資判断を「オー バーウエート」から「ニュートラル(中立)」に引き下げた。ハンセン 指数は0.6%安。

IGアジアの市場ストラテジスト、ライアン・フアン氏(シンガポ ール在勤)は電話取材で、「中国経済がゆっくりと後退しつつあるとの 投資家の懸念がH株の下げにつながった」と述べた。

中国政府が原子力発電プロジェクト4件の建設を容認するとの中国 証券報の報道を受け、本土市場では石炭生産の中国神華能源(601088 CH)が下落。一方、原発向け設備などを生産する上海電気集団(601727 CH)は値幅制限いっぱいの10%高となった。上海総合指数は2345.10に 上げたものの、前日比0.1%未満の上昇率にとどまった。

原題:China H Shares Fall as Coal Producers Drop After BNP Cuts Rating(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE