中国株:上海総合が昨年3月来の高値、原子力関連高い

午前の中国本土の株式相場は上昇。 上海総合指数が2013年3月以来の高値となった。中国当局が原子力発電 プロジェクトへの支出を増やすとの観測を背景に、工業株が買われた。

原子力発電所向け設備などを生産する上海電気集団(601727 CH) は値幅制限いっぱいの10%高。同じく発電機メーカーの東方電気 (600875 CH)は今年最大の上昇率を記録した。政府が原発プロジェク ト4件の建設を容認すると、中国証券報が匿名の関係者を引用して報じ た。中国第一重型機械集団(601106 CH)は12年5月以来の高値。

午前の取引終了時点で、本土市場の上海総合指数は前日比0.5%高 の2355.91。香港株式市場は下落。ハンセン中国企業株(H株)指数 が0.5%安。ハンセン指数は0.1%下げた。

原題:China’s Stocks Climb to 18-Month High as Industrial Shares Climb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE