ロシアの消費が失速、ウクライナ情勢響く-世銀報告書

ロシア経済の「主要な成長エンジ ン」である消費がウクライナをめぐる緊張の影響を受け、失速してい る。世界銀行が24日発表した報告書で指摘した。消費は2兆ドル (約218兆円)規模のロシア経済の約半分を占める。

世銀によれば、同行の基本シナリオの下で消費の伸び率は今年の約 2%から2015年に0.5%に、16年には約0.6%に低下しそうだ。この時期 は「スタグネーションに近い」状況になるとみている。

国内総生産(GDP)については、14年が0.5%増と、昨年の1.3% 増から成長率が落ち込む見込み。15年は0.3%増、16年が0.4%増と予想 している。

原題:Russian Economy Outlook Dims for World Bank as Consumption Wilts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE