【個別銘柄】サイバダイ急伸、リボミックは公開価格割れ

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

CYBERDYNE(7779):前日比17%高の3470円。シティグル ープ証券は24日、投資判断「買い」、目標株価6500円で調査を開始し た。ロボットスーツHALは、神経・筋肉系の障害の治療において新た な可能性を示している、と分析。ドイツの労災病院での患者治療が始ま り、今後、日米でもHALによる治療市場が拡大すると予想した。

石油関連株:24日のニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサ ス・インターミディエート(WTI)11月限は前日比1.4%高の1バレ ル=92.80ドルだった。市況高が業績にプラスとみられ、国際石油開発 帝石(1605)が4.9%高の1585.5円、石油資源開発(1662)が2.5%高 の4245円。

東芝(6502):2.3%高の515.2円。東南アジア諸国連合 (ASEAN)全体で今後5年間に約1000億円を投資する、と24日発 表。2020年度の売上高は現在の2倍以上となる7000億円を目指す。エネ ルギーの安定供給に向けて社会インフラ事業の展開を加速するととも に、半導体部品や医用機器などを中心に事業を拡大する、としている。

ミネベア(6479):5.1%高の1484円。電子機器部門の15年3月期 の営業利益は前期比約8割増の170億円前後の見通しと25日付の日本経 済新聞朝刊が報道。スマートフォン向けの発光ダイオード(LED)バ ックライトの販売が伸びており従来予想の129億円を上回るという。

ダイエー(8263):11%安の127円。親会社イオンが株式交換で完 全子会社化することを24日に正式発表、株式交換比率はダイエー1株に イオン0.115株とした。24日イオン株終値を基準としたダイエーの理論 株価は125円となり、きょうの株価はこれにさや寄せする動き。また、 ダイエーは従来60億円の赤字としていた15年2月期の連結純損益予想 を175億円の赤字に減額した。既存店の不振や不採算店舗の減損損失計 上が響く。

デンソー(6902):4.3%高の5171円。バークレイズ証券は24日、 目標株価を5000円から5400円に引き上げた。4-9月期の連結営業利益 は、国内生産や為替要因による上振れが豪・アジアでの操業度下振れを 補い、会社計画1640億円に対して70億円の上振れを見込むと分析した。 投資判断は「オーバーウエート」を維持。

リボミック(4591):東証マザーズ市場にきょう新規株式公開 (IPO)した。公開価格の2300円に対し朝方から売り気配値を切り下 げ、午前9時30分過ぎに形成した初値は20%安の1830円だった。同社は リボ核酸(RNA)の立体構造を利用し、抗体よりも標的物質への強い 結合力と特異性がある人工RNAアプタマーを開発する創薬ベンチャ ー。終値は1902円。

野村不動産ホールディングス(3231):3.1%高の1900円。クレデ ィ・スイス証券は24日、投資判断を「アンダーパフォーム」から「中 立」に、目標株価を1600円から1900円に引き上げた。今後3-6カ月間 の短期において同社の評価が高まる可能性があるとした。15年のマンシ ョン販売が堅調に推移、マンション分譲の利益率の悪化が17年3月期に 後ずれし、相対的に株価バリュエーションに割安感があると分析。16年 3月期の連結営業利益予想は677億円から715億円に増額した。

日本ゼオン(4205):5.6%高の1142円。4-9月期の連結営業利 益予想を110億円から140億円に増額した、と25日正午に発表。高機能部 材関連の販売増加などが寄与した。通期の業績予想は据え置いた。

アルパイン(6816):4.4%高の1814円。配当性向30%を目標とす る17年3月期の年間配当は30円程度で過去最高になる見通し、と25日付 の日本経済新聞が報道。今期予想は年25円。主力のカーナビゲーション システムや車載用機器の販売増で純利益を伸ばし、株主への利益配分を 強化するという。

新日本建設(1879):6.3%高の387円。4-9月期の連結経常利益 は前年同期比約2.1倍の25億円強の見通しと25日付の日本経済新聞朝刊 が報道。40%増の17億円という従来予想を上回る。土地の開発から建 設、販売まで手掛ける小型分譲マンションが順調に伸びるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE