米スターバックス、露ウラル地方で出店へ-経済制裁の中で

米国がロシアに対して経済制裁を科 す中で、世界最大のコーヒー店チェーン、米スターバックスは、ロシア のウラル山脈地方での出店を計画している。

スターバックスが24日発表した資料によると、同社は今週、ロシア のエカテリンブルク、10月には石油資源が豊富なチュメニでそれぞれ出 店する予定だ。両店舗は、欧州とアジアの中間に位置するウラル地方で の初の出店となる。これにより、ロシア国内の店舗数は80を超えること になる。

スターバックスはロシア国内への進出に当たって、地政学的緊張の 中でのかじ取りを迫られることになる。ロシアが今年クリミアを併合 後、米国と欧州連合(EU)はロシア向け融資や石油掘削機器のロシア の主要企業向け販売を禁止した。ロシア側は対抗措置として一部の食品 の輸入を禁止した。ロシア規制当局は、国内のマクドナルドの店舗数カ 所を閉鎖した。

調査会社INFOライン・アナリティカによれば、スターバックス のロシアでの売上高は今年、約9000万ドル(約98億2000万円)に増加す る見込み。これは同社の総売上高の1%に満たないと予想されている。

原題:Starbucks Expanding Into Russia’s Urals Even as Sanctions Mount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE