アルジェリア武装組織による仏人殺害を確認-オランド大統領

フランスのオランド大統領はアルジ ェリアの武装組織が3日前に拘束したフランス人男性を殺害したことを 確認した。この武装組織はイラクでイスラム過激組織「イスラム国」対 する空爆に踏み切ったフランスに対する報復だとしている。

同大統領は24日、国連総会に出席するため滞在しているニューヨー クで、「仏国民のエルベ・グルデル氏は卑劣で残忍なテロリスト集団に 殺害された」と述べた。「テロと戦う国であるフランスの出身というだ けで殺された。私の決意は固く、こうした野蛮な行為は私の決意を強め るだけだ」と語った。

武装勢力の動きをモニターしているSITEインテリジェンス・グ ループによると、「カリフの兵士」と名乗る武装組織がフランス人男性 の首を切断して殺害する映像を公開。イスラム国に忠誠を誓うカリフの 兵士は、フランスが先週から始めたイスラム国に対する空爆をやめなけ れば男性を処刑すると警告していた。

バルス仏首相はグルデル氏殺害が伝えられる前の24日に議会で、フ ランスが誘拐犯に譲歩することを否定し、イスラム国への空爆を続ける 考えを示した。オランド大統領は「必要な限り」空爆を継続すると言明 した。

カリフの兵士は拘束したグルデル氏の映像を2日前に公開。山岳ガ イドの同氏は、アルジェリアの首都アルジェ近郊でロッククライミング をしていた。

原題:French Hostage Beheaded by Algerian Kidnappers, Hollande Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE