オバマ米大統領:過激主義の「癌」を取り除く必要-国連演説

オバマ米大統領は国連総会で、世界 は「暴力的な過激主義の癌(がん)を拒絶し」するとともに、ウクライ ナでのロシアの武力行為に立ち向かわなくてはならないと指摘。外交政 策への一段と強力な取り組みを示した。

オバマ大統領は24日、第69回国連総会での演説で、世界大戦のがれ きから国連が設立されて以降、世界は飛躍的発展を遂げてきたが、国際 テロ組織アルカイダから派生した集団や「イスラム国」など過激派組織 の残酷なイデオロギーはこうした進展を危険にさらすとし、掃討されな くてはならないと述べた。

オバマ大統領は「この独特の悪に対する論理的思考、交渉はあり得 ない」と発言。「こうした殺人者らが理解する唯一の言語は、軍事力と いう言語だ」と話した。

原題:Obama Tells UN World Must Eliminate ‘Cancer’ of Extremism (1)(抜粋)

--取材協力:David J. Lynch.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE