イエレン議長、無風の市場に警告-「相当な期間」終了に備えを

米連邦準備制度理事会(FRB)の イエレン議長は、投資家には現在の市場の予想よりも早期に利上げする 可能性に備えてもらいたいと訴えるが、議長の言葉は聞き入れられてい ない。

イエレン議長は先週、米経済動向が引き続き予想を上回れば事実上 のゼロ金利政策を「相当な期間」維持する方針を見直す可能性を指摘し た。それにもかかわらず、世界の株式や債券、通貨のボラティリティ (変動性)は過去最低か数年ぶりの低水準にある。

相場の大幅な変動が見られないのは、米金融当局の意向について投 資家が油断していることの表れだ。過去数年間にわたる低金利維持の方 針からの脱却を検討する当局にとってはありがた迷惑の状況かもしれな い。経済の予想外の強さを受けて当局による引き締めの日程が早まり、 ボラティリティが急上昇して景気拡大を危うくしかねないからだ。

BNPパリバの米国担当エコノミスト、ローラ・ロスナー氏は「当 局が予想し、伝達しているようなやり方で最終的に金融政策を引き締 め、市場が秩序を欠いた形で非常に急速な調整を余儀なくされる恐れが ある」と指摘した。

米国債のボラティリティを測るバンク・オブ・アメリカ(BOA) のMOVE指数は23日、57.43に低下し、1988年以降では最低に近い水 準。米国株の変動性の指標とされるシカゴ・オプション取引所 (CBOE)ボラティリティ指数は14.93と、20年平均の20.75を下回っ ている。JPモルガン・グローバルFXボラティリティ指数は7.38% で、7月に記録した過去最低(5.29%)に近い水準。20年平均 は10.46%。

原題:Yellen Warns About Market Calm Before ‘Considerable Time’ Is Up(抜粋)

--取材協力:Callie Bost、Kathleen Hays.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE