米オラクル、エリソン氏の株式報酬を削減-幹部向け制度変更

米オラクルは幹部の報酬制度を見直 し、業績との連動性を高めた。株主の働き掛けやラリー・エリソン氏の 最高経営責任者(CEO)退任に対応した。

米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、エリソン氏の業 績に基づく株式報酬は18万7500株削減された。オラクル株の23日終値 で728万ドル(約7億9200万円)に相当する。また、同氏の2015年度の ストックオプションも75万株減らされた。エリソン氏の昨年の報酬総額 は6730万ドルと、前年の7960万ドルを下回った。

オラクルは今月18日、マーク・ハード、サフラ・カッツ両氏を共同 CEOに指名。エリソン氏は会長兼最高技術責任者(CTO)に就任し た。ハード氏は営業やマーケティング、戦略を担当し、カッツ氏は引き 続き最高財務責任者(CFO)を務め、法務・生産業務を率いる。

原題:Oracle Cuts Ellison’s Stock Awards, Adds Incentives for CEOs (2)(抜粋)

--取材協力:Laura Marcinek.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE