9月の独Ifo景況感104.7、5カ月連続で低下-予想も下回る

ドイツのIfo経済研究所がまとめ た9月の独企業景況感指数は5カ月連続で低下した。欧州中央銀行( ECB)は景気刺激策を強化している。

Ifo経済研が24日発表した9月の独企業景況感指数は104.7と、 8月の106.3から低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミ スト36人の予想中央値は105.8だった。

ライファイゼン・シュバイツ(チューリヒ)のエコノミスト、アレ グザンダー・コッホ氏は「Ifo指数は春以降著しく低下した」と指摘 し、「ウクライナ情勢とユーロ圏近隣諸国の成長の勢いの弱まったこと が押し下げ要因だ。秋に状況が落ち着けば、年末の成長見通しは幾分明 るくなるだろう」と続けた。

Ifoによれば、9月の現状指数は110.5と、8月の111.1を下回っ た。期待指数は99.3(前月は101.7)に低下した。

原題:German Business Confidence Drops for Fifth Month as Risks Remain(抜粋) Germany Ifo Business Confidence for September: Summary (Table) (抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE