FRB、レバレッジドローンで銀行に警告、追加資本必要も

米連邦準備制度理事会(FRB)は 銀行に対し、バランスシートにおける高リスク・高利回りのレバレッジ ドローンの水準が上昇すれば、それに対応した追加資本が必要になる可 能性があると警告している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

FRBと通貨監督庁(OCC)、連邦預金保険公社(FDIC) は2013年にレバレッジドローンの指針を公表したが、取引量や与信基準 低下の抑制につながっていないことから、当局は同市場に対する監視を 強めている。

ブルームバーグの集計データによると、銀行が今年取りまとめたレ バレッジドローンは約4110億ドル(約44兆7000億円)。13年全体では過 去最高の6960億ドルだった。

バークレイズの5日付リポートによれば、貸し手保護条項が不十分 な「コベナント・ライト」と呼ばれるローンは今年の組成額全体の70% を超えるペースにある。

FRBの銀行監督規制部門のシニアアソシエートディレクター、ト ッド・バーミリア氏は5月に「省庁間の指針で規定された基準を十分に 履行していない銀行が多いようだ」と述べていた。

原題:Fed Said to Warn Banks on Capital Charges on Leveraged Loans (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE