英バークレイズ、制裁金支払いへ-米部門で法令順守に問題

英銀バークレイズは、米国のウェル スマネジメント部門が適切な内部コンプライアンス(法令順守)制度の 保持を怠り、顧客の承認を得ずに取引を行ったと規制当局が主張してい る問題について、1500万ドル(約16億3000万円)を支払って決着した。

米証券取引委員会(SEC)は23日の声明で、バークレイズは2008 年にリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの助言事業を買収した 後、コンプライアンスの手順を強化しなかったと指摘した。

SEC法執行部門の資産運用担当共同責任者、ジュリー・リーウィ ー氏は「バークレイズはリーマンの助言事業買収時に、極めて重要なコ ンプライアンスの基盤を確立しなかった。その結果、顧客は多くの不適 切な行為や不十分な情報開示といった影響を受けることとなった」と説 明した。

バークレイズの制裁金はこの日これが2件目となる。同行は、165 億ポンド(約3兆円)相当の顧客資産を適切に保護しなかったとして、 英国の市場監督機関である金融行動監視機構(FCA)に過去最大とな る3800万ポンドの制裁金を支払うことで合意した。

原題:Barclays to Pay $15 Million Fine for U.S. Compliance Failures(抜粋)

--取材協力:Dakin Campbell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE