9月23日の欧州マーケットサマリー:株が11週ぶり大幅安

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2851   1.2849
ドル/円            108.90   108.84
ユーロ/円          139.96   139.85


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  341.89     -4.80    -1.4%
英FT100     6,676.08   -97.55    -1.4%
独DAX      9,595.03   -154.51   -1.6%
仏CAC40    4,359.35   -83.20    -1.9%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .05%        +.02
独国債10年物     1.01%       +.00
英国債10年物     2.49%       -.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,222.00    +8.50     +.70%
原油 北海ブレント         96.74      -.23     -.24%

◎欧州株:11週ぶり大幅安-医薬銘柄安い、企業買収減少との懸念

23日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が約11週間 ぶりの大幅安となった。米国の税制改正で企業買収の動きが後退すると の懸念からヘルスケア銘柄が売られた。ユーロ圏の製造業活動の拡大ペ ースが鈍化したことも嫌気された。

19の業種別指数全てが下落。医薬品銘柄ではアイルランドのシャイ アーと英アストラゼネカの下げが目立った。米財務省は22日、米企業が 税負担の軽減を目的とする海外への本社移転をしにくくする措置を発表 した。オーストリアのライファイゼン・バンク・インターナショナル は2011年9月以降で最もきつい値下がり。通期で赤字となるとの見通し が売り材料。英食品原料会社テート・アンド・ライルは約7年ぶりの大 幅安。通期利益見通しがアナリスト予想に届かなかった。

ストックス欧州600指数は前日比1.4%安の341.89で引けた。これは 7月8日以来の大幅下落。

ハビブ・バンクのデービッド・バーテンバイラー最高投資責任者 (CIO)はチューリヒからの電話で、「インバージョン(課税逆転) は米国にとって大きな政治問題で、政治家らは中間選挙までに取り組み たい意向だ」と述べ、「市場は規制改正の発表に反応した。ヘルスケア 銘柄も予想外に上昇したことから、利益確定売りを誘う要因となった」 と続けた。

英マークイット・エコノミクスがこの日発表した9月のユーロ圏製 造業購買担当者指数(PMI)速報値は50.5と、前月の50.7から低下。 ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の予想中央値(50.6)には 届かなかった。

23日の西欧市場ではアイスランドを除く17カ国で主要株価指数が下 落。独DAX指数は1.6%、英FTSE100指数は1.4%それぞれ下げ、 仏CAC40指数は1.9%安となった。

原題:European Stocks Fall Most in 11 Weeks as Shire, AstraZeneca Drop(抜粋)

◎欧州債:ギリシャ債が下落-IMF支援打ち切りの動きを警戒

23日の欧州債市場ではギリシャ国債が下落し、利回りは5週間ぶり 高水準に達した。同国が国際通貨基金(IMF)からの金融支援の早期 打ち切りを提案したことが、財政赤字抑制努力を後退させるとの懸念が 強まった。

ギリシャのサマラス首相は支援策からの脱却を目指している。支援 条件である改革が政治的反発を招いている。

バイエルン州立銀行のシニア債券ストラテジスト、マリウス・ダハ イム氏(ミュンヘン在勤)は「ギリシャが自立し、サマラス首相が現行 の国債利回りで債務水準維持が可能と市場を納得させようとするのは懸 念すべき問題だ」と指摘、「経済政策と財政規律を国外から管理される 調整プログラムの下にギリシャがとどまると分かれば、市場は落ち着く だろう」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ギリシャ10年債利回りは前日比18ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し6.06%と、8月15日以降 で初めて6%を突破した。前日は11bp上昇した。同国債(表面利率 2%、2024年2月償還)価格はこの日、1.10下げ80.94。

サマラス首相はこの日、ドイツのメルケル首相との会談後、ギリシ ャは追加支援策を必要としていないと発言。改革で一息つく必要がある とも述べた。

ドイツ10年債利回りは1%を割り込んだ。9月のユーロ圏製造業活 動の拡大ペースがエコノミスト予想以上に鈍化したことから、欧州中央 銀行(ECB)が緩和策を強化する可能性が高まった。

原題:Greek Bonds Skid on Concern Ending IMF Aid to Allow Backsliding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE