ロシア:ルーブル建て国債発行へ、7月以来で初-利回り低下

ロシアは7月以降で初となるルーブ ル建て国債を発行する。ウクライナ東部の紛争が停戦に至ったことで借 り入れコストがほぼ1カ月ぶりの低水準に下げた。

ロシア財務省は24日に償還期限2023年8月の国債(100億ルーブル 相当=約282億円)の入札を実施すると、ウェブサイトで発表した。ブ ルームバーグのデータによると、モスクワ時間午後4時20分現在、10年 債相場は上昇、利回りは6ベーシスポイント (bp、1bp =0.01%)下げて9.48%となっている。

今月5日に成立したウクライナ政府と親ロシア分離派の停戦合意が 成立して以来、投資家の信頼感は回復しており、欧米の対ロシア制裁は これ以上強化されることはないとの見方が広がっている。

7月にウクライナ東部上空でマレーシア航空機が撃墜されて以来、 ロシア政府は9週間にわたりルーブル建て国債の発行を見送ってきた。

原題:Russia to Hold First Ruble Bond Sale Since July as Yields Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE