ゴールドマンの欧州外為トレーディング責任者が退社-関係者

米ゴールドマン・サックス・グルー プの欧州のスポット外為トレーディング責任者、ミテシュ・パリク氏が 退社すると、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。同氏はゴールド マンに12年在籍したが、ヘッジファンド会社に加わるため退社するとい う。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、パリク氏(35)は運 用会社で通貨トレーディングを手掛けるという。ロンドン在勤の同氏に 職場の電子メールなどで取材を試みたが応答は得られていない。リンク トインのプロフィルによれば、同氏は2002年7月にゴールドマンに加わ った。

ゴールドマンの広報担当者は同氏の動向についてコメントを控え た。

経費削減の必要性と自己勘定取引をめぐる規制強化に直面している 銀行からは、トレーダーの流出が続いている。

原題:Goldman Sachs’s European Spot FX Trading Head Said to Leave (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE