中国:9月HSBC製造業PMI、予想外に上昇-懸念和らぐ

中国の製造業活動を測る今月の民間 指標は、市場予想に反して上昇した。不動産市場が低迷する中、外需が 中国経済を支えている状況が示唆された。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが23日 発表した9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は50.5。8 月改定値の50.2から上昇した。ブルームバーグ・ニュースがまとめた市 場関係者21人の予想は48.5-50.5の範囲で、中央値で50.0への低下が見 込まれていた。同指数は50が製造業活動の拡大・縮小の境目。

経済成長鈍化を示す内容となった8月に比べて持ち直したことか ら、より広範な刺激策の導入を当局に求める圧力は和らぐ可能性があ る。9月は新規受注と新規輸出受注の指数の伸びが加速した。

クレディ・アグリコルCIBのシニアエコノミスト、ダリウス・コ ワルツィク氏(香港在勤)は9月のPMI上昇について、「製造業セク ターに一段と下押し圧力がかかる兆候が数多く示されていたため、市場 にとって大きな安心材料となる」と指摘。「今回のポジティブサプライ ズにより、アジアの為替と金利には一定の上昇圧力が加わる」と予想し た。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 発表資料で、「製造業部門の経済活動は9月に安定化の兆しを示した」 と分析。その上で「全般的には、今回の統計は拡大ペースが緩やかであ ることをなお示している。不動産市場の低迷が依然として景気に対する 最大の下振れリスクだ。回復を安定的なものにするために中国人民銀行 (中央銀行)がさらなる金融緩和に踏み切ると引き続き予想している」 とコメントした。

原題:Manufacturing Rebound Relieves Growth Concerns in China: Economy(抜粋)

--取材協力:Cynthia Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE