ドラギ総裁:ECBは積極的に行動へ、バランスシート膨張で

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は、ユーロ圏の景気回復に向け積極的に行動する考えだ。

総裁は22日の欧州議会での証言で、デフレ回避のため、資産購入に よって中銀のバランスシートを膨張させる方針を強調。購入プログラム により、ECBは「より能動的かつ制御されたバランスシートの管理運 用」へと移行すると説明した。

「容認できないほど高い失業率と与信の伸びの弱さが回復の勢いを 抑える公算が大きく、経済成長を取り巻くリスクは明らかに下向きだ」 と厳しい認識を示した。

ECBはオペで応札額全額を供給しているが、バランスシート は2012年以降に縮小した。総裁は同年初めの水準に戻す方針をあらため て表明。これは最大1兆ユーロの拡大を意味するが、先週の条件付き長 期リファイナンスオペ(TLTRO)の応札額は市場予想を下回り、こ れが容易ではないことが浮き彫りになった。

より能動的に資金を経済に注入する方法として、総裁は資産購入に 言及。「購入はECBのバランスシートを膨張させるが、リスクへのエ クスポージャー拡大は限定的だ」とし、「必要になれば、責務の範囲内 で追加の非伝統的政策手段を活用し、非伝統的な介入の規模や手段の組 み合わせを変更する用意がECBにはある」と表明した。

原題:Draghi Sees ECB Becoming More Active in Fight to Restore Economy(抜粋)

--取材協力:Catherine Bosley、Jennifer Ryan、Scott Hamilton、Paul Gordon、Ian Wishart、Kevin Costelloe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE