シカゴ連銀全米活動指数:8月はマイナス0.21に低下

8月の全米活動指数はマイナスに落 ち込んだ。マイナス圏入りは今年1月以来7カ月ぶり。

シカゴ連銀が22日発表した8月の全米活動指数はマイナス0.21。前 月は0.26(速報値0.39)に下方修正された。同指数でゼロを下回ると米 国経済の成長率が潜在成長率を下回り、将来的なインフレ圧力が緩和さ れる可能性を示す。

同指数は連邦準備制度理事会(FRB)が発表する鉱工業生産・設備 稼働率、労働省の雇用統計、米供給管理協会(ISM)の製造業景況指 数など85の指数を基に算出される。

覧ください。

原題:Chicago Fed U.S. National Activity Index for Aug. (Table) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE