中国版ベージュブック:経済は引き続き「低速ギア」

中国経済は7-9月(第3四半期) も「低速ギア」にとどまったままで、製造・運輸業の改善を小売業と住 宅向け不動産業界の低迷が打ち消している。米連邦準備制度理事会 (FRB)発表の地区連銀経済報告(ベージュブック)をモデルとする 調査がこう指摘した。

ニューヨークに本社を置くチャイナ・ベージュブック・インターナ ショナルが四半期ごとに発表する最新リポートによれば、中国では投資 の伸びがさらに鈍化し、借り入れコストが上昇、銀行融資を申請・獲得 している企業の割合は引き続き「最低水準」となっている。

同リポートは一方で、雇用は上向き、企業の利幅は改善しており、 成長を再び刺激するための政府による広範な取り組みが打ち出される公 算が小さいことを示唆しているとの認識も示した。

チャイナ・ベージュブック・インターナショナルのリーランド・ミ ラー社長と調査・世論調査ディレクターのクレイグ・チャーニー氏は発 表資料で、「雇用と利幅という双方の点で大半の企業にとって状況が悪 化していないということは、より大規模な刺激策の導入に中国政府が消 極的であることを良く説明している」とコメントした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE