投資家をもうけさせる-上場初日に約束果たしたアリババ会長

中国の電子商取引会社アリババ・グ ループ・ホールディングの創業者ジャック・マ(馬雲)会長は同社株の 上場2時間前のテレビインタビューで、投資家の金もうけを助け幸せに し続けることの重要性を強調した。

この目標は取引初日に達成された。アリババ株は上場した19日の取 引開始後10分以内に新規株式公開(IPO)価格比47%上昇。結局38% 高で初日の取引を終えた。同社のIPOの規模は218億ドル(約2 兆3800億円)で、米国史上最大。ブルームバーグの集計データによる と、米市場で今年実施されたIPOで規模が2億5000万ドル以上だっ た30件のうち、初日の上昇率がアリババを上回ったのはモービルアイだ け。

アリババ株を購入したグラナイト・ポイント・キャピタルの譚持恒 アナリスト(ボストン在勤)は「アリババ株が取引で急伸したのは、購 入機会を得た投資家にとって間違いなく良い見返りとなった」と述べ、 「IPO価格は妥当な水準で、それが好調な取引と価格上昇に寄与し た」と分析した。

同社が今月世界各地で開催したIPO説明会には多数のファンドマ ネジャーが詰め掛けた。馬会長は株式上場前にCNBCのインタビュー で、「株主を失望させたくない。彼らが確実にもうけられるようにした い」と語っていた。

アリババ株のIPO価格は仮条件の上限の68ドルで決定。上場初日 は93.89ドルで終了した。ブルームバーグの集計データによると、米国 市場に過去10年に上場した中国企業の初日取引の平均上昇率は19%で、 アリババはこれを上回る値上がり率だった。だた、中国の検索サイト、 百度(バイデュ・ドット・コム)は2005年のナスダック上場日に約5倍 の急騰を演じていた。

原題:Jack Ma’s Make-Them-Money Pledge Met on Day One: China Overnight(抜粋)

--取材協力:Meng Meng、Leslie Picker.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE