みずほ、買収ファンドの持ち分10億ドル相当を売却へ-関係者

みずほフィナンシャルグループが買 収ファンドの持ち分10億ドル(約1090億円)相当を売却すると、事情に 詳しい関係者2人が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、みずほは売却のため にエバーコア・パートナーズを起用した。売却対象には米国や欧州、ア ジア太平洋地域のプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社 が運用するファンドの持ち分が含まれる。

関係者によれば、みずほはボルカー・ルール順守のためにファンド の持ち分売却を決めた。2010年の米金融規制改革法(ドッド・フランク 法)に盛り込まれた同ルールは、金融機関のプライベートエクイティや ヘッジファンドへの投資をTier1自己資本の3%までに制限してい る。シティグループやクレディ・アグリコル、クレディ・スイス・グル ープなどもボルカー・ルール順守のために資産を売却した。

エバーコアの広報担当者はコメントを控えた。みずほの広報担当者 に電話取材を試みたが返答は得られていない。

原題:Mizuho Said to Be Selling $1 Billion of Stakes in Buyout Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE