G20:低金利で金融市場にリスクの恐れ-世界成長にばらつき

オーストラリアのケアンズでの20カ 国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は21日、主要国はまだら模 様の世界経済の成長押し上げで金融刺激策に依存しているが、低金利が 金融市場のリスク拡大につながる恐れがあると指摘した。

G20は閉幕後に発表した共同声明で、「われわれは特に低金利と資 産価格の変動が小さい環境下で、金融市場に過度のリスクが蓄積する可 能性に留意している」ことを明らかにした。同声明は「一部の主要国で 経済状況がより力強くなっていることを歓迎するが、世界経済の成長は ばらつきがある」と述べた。

議長国である豪州のホッキー財務相は記者会見で、「われわれは適 切な場所で追加的な財政・金融政策を含めて、利用可能なすべての方策 を活用する」と語った。

G20声明は金融市場のリスクが上昇する可能性を注視し、政策の枠 組みを強化すると指摘。為替相場のコミットメントを順守する方針も明 記し、地政学的緊張に伴う「下方リスク」にも言及した。

今回の会議では、声明で投資家に過剰なリスクテークに慎重になる よう求めることも検討されたと、G20参加国の代表の1人が匿名を条件 に語った。ただ一部メンバーは、こうした警告が金融市場の反応を招き かねないとして、声明に盛り込むことに反対したという。

成長目標

ホッキー豪財務相はG20の各国・地域の提案した措置で、5年間で の国内総生産(GDP)の2%底上げという目標は達成まで約90%の道 のりにあると指摘。G20のメンバーは11月にブリスベーンで開かれる首 脳会議で、成長目標の実現に向けた具体的な計画を提出すると述べた。

同相によると、G20は金融政策が引き続き景気回復を支援すべき で、特にデフレ圧力が顕著な地域では対応が必要だとの点で見解が一 致。

同相はまた、「金融政策の変更の可能性で注意深く市場と対話する 必要性について、強い関心が集まった」と説明。「この点でイエレン米 連邦準備制度理事会(FRB)議長が慎重かつ熟慮の上でこの困難な課 題に取り組んでいることを特に称賛したい」と述べた。

米国とカナダの当局者は欧州に対し、需要を促進するよう圧力をか け、ルー米財務長官は欧州に需要喚起を要請。カナダのオリバー財務相 は一部欧州諸国が追加的な財政措置を検討すべきだと述べた。

これに対し欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は6月と9月に発 表した金融刺激策の効果を見極めた上で、インフレを2%に押し戻すに は追加策が必要かどうかを判断すると記者団に説明。「不十分な場合は 政策委員会に追加策を講じる用意がある。だが、それを判断するのは時 期尚早だ」と述べた。

声明はまた、G20が引き続き「短期的な経済状況を考慮して、機動 的に財政戦略を実施」しながら、公的債務のGDP比を持続可能なペー スとする方針を表明。「財政戦略の成長への貢献を高めるため、政府支 出や税の構成と質の変化について検討することで一致」したことも明ら かにした。

原題:G-20 Sees Possible Market Risks as Uneven Growth Keeps Rates Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE