バイトマン氏:各国政府は構造改革推進を-金融政策には限界

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、バイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は、成長促進で金融政策 が果たせる役割は限られていると述べ、各国政府が構造改革を進める必 要があるとの見解を示した。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総 裁会議が開かれているオーストラリアのケアンズでブルームバーグ・ニ ュースに語った。

バイトマン総裁は「金融政策に過度の負担をかけ、不可能なことを 求めるべきではない」と発言。「緩和的な金融政策がリスクを生み、副 作用を伴うことを忘れてはならず、物価の安定を確保するためにも拡張 的な政策を必要以上に長く維持すべきではない」と述べた。

原題:Weidmann Says Governments Must Take Lead Amid ECB Policy Limits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE