英銀RBS株とロイズ株が上昇-スコットランドが独立否決

スコットランドが住民投票で英国に とどまる選択をしたことを受けて、19日の英株式市場では英銀ロイヤ ル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)とロイズ・バ ンキング・グループの株価が上昇している。独立なら両行はイングラン ドへ拠点を移すところだった。

スコットランドの有権者のほぼ55%が、独立に反対の票を投じ、最 近の世論調査結果よりも大きな差での勝利となった。

ロンドン時間午前8時33分現在、RBS株は3.1%高。ロイズ は1.9%高。

RBSとロイズはエディンバラに拠点を置いているが、スコットラ ンドが連合王国を離れる場合、イングランドに移る方針を先週示した。 移転には最大でそれぞれ10億ポンド(約1800億円)のコストがかかるだ ろうと、アナリストらは試算していた。RBSは結果判明後、イングラ ンドへの移転の緊急計画は「もはや必要なくなった」とのコメントを出 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE