ダラス連銀総裁:利上げは早めに開始、緩やかなペースが肝要

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、金融当局が利上げ開始時期を先送りし過ぎ、その結果速いペースで 利上げせざるを得なくなった場合、景気回復が腰折れする恐れがあると の認識を示した。

フィッシャー総裁は19日、フォックス・ビジネス・ネットワークで のインタビューで「私はゆっくりかつ緩やかな利上げを支持する」と し、「最初の利上げまで長く待ち過ぎて、その後速いペースで引き上げ るというのは誤りだ。これまで金融当局がそのような政策を講じて経済 がリセッション(景気後退)に陥らなかった時期はない」と指摘した。

フィッシャー総裁は今週の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で の政策決定に反対票を投じた2人のうちの1人。

原題:Fed’s Fisher Says Better to Raise Rates Sooner and Slowly (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE