フランス軍、イラク領内の「イスラム国」拠点を空爆

フランスは19日、イラク北東部にあ るイスラム過激派「イスラム国」の拠点を標的とした初の空爆を実施、 今後も継続する計画だ。オランド大統領が声明を発表した。

米国以外でイスラム国を空爆したのはフランスが初めて。米国は8 月以降、イスラム国の標的に100回以上の空爆を実施している。

オランド大統領は「空爆は命中し、標的を完全に破壊した」と説明 し、「このほかの作戦も数日中に実施する」と続けた。大統領の声明は 電子メールで配信された。

原題:French Jets Carry Out First Attack on Islamic State in Iraq(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE