米ウォール街、女性の報酬は男性下回ると過半数が回答-調査

米金融業界には性別と年齢に関する 偏見が依然根強く、女性は同等の職種に就く男性に比べ報酬が低いと思 う-。同業界で働く半数余りが調査に対しこう回答した。

金融業向け就職サイトのeファイナンシャルキャリアズが17日発表 した調査結果によると、回答した女性では10人のうちほぼ9人が同等職 種の男性の方が報酬が高いと回答し、51%の男性もこの見方に同意し た。3分の1の女性が男女差別を指摘したという。調査に答えた人 の30%が女性。

全米女性企業役員協会(NAFE)のプレジデント、ベティ・スペ ンス氏は「女性にとって相変わらず非常に困難な業界だ」と述べた。

ジュニアレベルの職種については、回答者の80%が男女は平等に扱 われていると回答。シニアレベルの職種では平等と答えたのは約半数だ った。調査は7、8月に金融業界に勤務する人を対象に電子メールを通 じて行い約900人から回答を得た。投資銀行や商業銀行、ヘッジファン ドなどの金融サービス業の従業員が参加した。

50歳以上の回答者は10人中ほぼ7人が年齢の問題で新たな職探しは 難しいだろうと「非常に懸念している」と答えた。回答者の約9割が、 従業員は年齢上の差別から守られるべきだと主張した。

一方、産休などで勤務期間が途切れることも男女の賃金格差の一因 だと、米ハーバード大学のクラウディア・ゴールディン教授(経済学) は別の研究で指摘している。

eファイナンシャルキャリアズの調査では、約3分の2の女性が賃 上げと昇進の交渉で男性の方が有利と考えていることが分かった。女性 はアピールが強過ぎるのではないかと心配するため、交渉で「不利な立 場」にあるとスペンス氏は語った。

金融機関は一段と柔軟な勤務体制と社内助言プログラムを実施する ことで労働環境の改善を図れるのではないかと回答者らは指摘した。

原題:Wall Street Women Seen Getting Less Pay Than Men as Bias Endures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE