米エクソンが北極圏の油井掘削を停止、対ロ制裁で-関係者

米エクソンモービルは、ロシアの北 極圏に眠る数十億バレルの原油を開発する第一歩となる沖合油井の掘削 を停止した。プロジェクトの複数の関係者が明らかにした。

リグ(石油掘削装置)運営に詳しい関係者3人が、プロジェクトに ついてコメントすることを許可されていないとして匿名を条件に明らか にしたところによると、米国と欧州連合(EU)が各社に対しロシアの 北極圏の深海またはシェール油田開発の支援を禁止した数日後に作業が 停止された。

米国はウクライナの情勢悪化をめぐる対ロシア制裁の一環として、 米企業に対して26日までに全ての掘削と試掘業務を停止するよう指示し た。

米ブローカー、プライム・エクゼキューションズのエネルギー担当 チーフストラテジスト、クリス・ケッテンマン氏によると、エクソンお よびシードリル傘下のノース・アトランティック・ドリリングは、制裁 開始までにロシア北岸沖にある7億ドル(約760億円)規模の油井の作 業の終了か一時停止を迫られている。エクソンは8日以内にロシアのロ スネフチと進めている北極圏での全作業を停止する必要があり、同プロ ジェクトは少なくとも来年まで保留状態となる可能性が高いという。

ケッテンマン氏は「業界が最も注目している油井の1つなので重大 だ。急停止してしまった」と述べた。

原題:Exxon Said to Halt Arctic Oil Well Drilling on Russian Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE