スコットランド住民投票:開票始まる-民間調査は反対派優勢

スコットランドの英国からの独立の 是非を問う住民投票が18日午後10時(日本時間19日午前6時)に締め切 られた。直ちに開票作業が始まり、19日午前2時ごろから開票結果が発 表され始め、最終的な結果は同日午前6時ごろに判明する見通しだ。

開票作業はスコットランドの32の行政区で進められている。

英調査会社ユーガブは投票を終えた1828人を対象に実施した調査に 基づき、独立反対が54%、賛成が46%になるとの予想を示した。ユーガ ブがこの見通しをウェブサイトで発表した後、ポンドはドルとユーロに 対して上昇した。公式な出口調査は行われていない。

住民投票はスコットランド独立の実行可能性や経済的福祉、通貨、 国際的立場をめぐる約2年に及ぶ論争に決着をつけるものとなる。有権 者430万人強のうち、過去最高の97%が投票に必要な登録を済ましてお り、投票率は80%以上となる見込み。

英労働党の「影の内閣」で外相に指名されたスコットランド出身の ダグラス・アレクサンダー議員はBBCテレビとのインタビューで、こ の投票率について「極めて高い」と述べ、「歴史的な解答に関する歴史 的な判断であり、歴史的な投票率になろう。投票だけでなく、この判断 の結果についても、これほどのスケールと重要性を表す言葉を見つける のは難しい」と語った。

ユーガブのピーター・ケルナー社長はスカイニューズとのインタビ ューで、独立反対派が勝利したと99%確信していると発言。独立した場 合、経済が打撃を受けるのではないかとの懸念で、有権者が投票前の数 日間に独立反対へと流れたと説明した。

ポンド上昇

ポンドは一時、対ドルで2週間ぶり高値となった。他の主要30通貨 に対しても上昇した。ロンドン時間18日午後11時41分現在、ポンドはド ルに対し0.2%高の1ポンド=1.6435ドル。

投票前に行われた別個の世論調査では、最終結果は拮抗し態度を決 めていない有権者の票が鍵を握ると予想されていた。

原題:Scottish Independence Counting Begins as U.K. Hangs in Balance(抜粋)

--取材協力:Svenja O’Donnell、Robert Hutton、Dara Doyle、Ian Wishart.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE