コーエン氏のポイント72、人材流出相次ぐ-シタデルなどに移籍

米資産家スティーブン・コーエン氏 のファミリーオフィスでヘッジファンド会社SACキャピタル・アドバ イザーズを前身とするポイント72・アセット・マネジメントから、トレ ーディング部門などで人材の流出が相次いでいる。

最近ではティム・シュナイダー、ピート・アベロン、ショーニー・ カッツの3氏がケン・グリフィン氏率いるヘッジファンド運用会社シタ デルに移籍したほか、資産運用担当者のチャンドラー・ボックレッジ、 テッド・オレンスタインの両氏も退社。事情に詳しい関係者が明らかに した。

SACは昨年11月、証券詐欺などの罪を認め、インサイダー取引で は過去最高額となる18億ドルを支払う司法取引で米当局と合意した。コ ーエン氏(58)はこの一環として、SACの閉鎖と顧客資金の返還に同 意。半年前にポイント72を設立した。

サード・バービネンでポイント72の広報担当を務めるジョナサン・ ガスサルター氏は今回の退社についてコメントを控えた。

原題:Cohen’s Point72 Sees Departures as Griffin’s Citadel Picks Staff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE