英グラクソに罰金530億円の支払いを命令、贈賄で有罪-中国

中国湖南省の裁判所は英製薬最大手 グラクソ・スミスクラインを贈賄で有罪とし、2億9700万ポンド (約530億円)の罰金支払いを同社に命じた。中国では同社に対する捜 査が1年3カ月にわたり続いていた。

ロンドンに本社を置くグラクソは19日発表した資料で、罰金は手元 資金で支払い、7-9月(第3四半期)に一時費用として計上すると説 明した。同社は中国政府に対し書面で謝罪を表明した。

中国国営の新華社通信によれば、長沙市中級人民法院は中国でグラ クソを率いていたマーク・ライリー被告に対しては医師に賄賂を贈って いた罪で執行猶予付きの懲役3年の刑を言い渡した。

中国当局は昨年、国内におけるグラクソの販売慣行に対する調査を 開始。経済犯罪に関与したとして一部の現地従業員を拘束した。中国の 警察は今年5月、この事件を検察当局に移管していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE