スコットランド住民投票、独立反対派が勝利-英BBCが予測

18日実施されたスコットランドの英 国からの独立の是非を問う住民投票は反対派が勝利した、と英BBCが 予測した。大半の直近の世論調査を上回る差がついたとBBCは伝え た。

32の行政区のうち26区が開票結果を発表した段階で、独立反対運動 「ベター・トゥギャザー」陣営の得票率は54%、独立派は46%。独立反 対派はキャメロン首相のほか主要3党の支援を受けている。一方、独立 推進派のリーダーはスコットランド民族党(SNP)のサモンド党首 (スコットランド行政府首相)。

反対派優勢で開票は進んだが、都市部のダンディーとグラスゴーで 賛成派が若干差を縮めた。

ダニー・アレクサンダー英財務担当相は開票の初期段階にスカイニ ューズとのインタビューで、「独立反対派が勝利を確保したようだ」と 発言。「しかし反対票は変化を求める票でもある。変革に取り組むのは われわれの責任だ」と語った。同氏はスコットランド選出の自由民主党 議員。

ポンドは一時、対ユーロで2年ぶり高値となった。他の主要通貨に 対しても上昇した。

原題:Scotland Votes Against Independence in Referendum, BBC Projects(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE