NY金(19日):下落、株高で代替需要減退-銀は4年ぶり安値

ニューヨーク金先物相場は8カ月ぶ り安値に下落。株式相場が最高値を更新したことを背景に、代替投資の 金買いが減退した。銀相場はオンス当たり18ドルを割り込み、4年ぶり の安値となった。

マイダス・ファンズ(ニューハンプシャー州ウォルポール)で資産 運用に携わるトム・ウィンミル氏は「株式に買いが殺到している」と指 摘。「ドルが強くなってきたため、逃避資産の必要はないと考えられて いる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.8%安の1オンス=1216.60ドルで終了。8日以来の大幅 下落となった。一時は1214.20ドルと、中心限月としては1月6日以来 の安値をつけた。

銀先物12月限は3.6%安の1オンス=17.844ドルと、昨年12月19日 以来の大幅下落。一時は17.78ドルと2010年7月30日以来の安値をつけ た。プラチナ先物10月限は0.9%下げて同1337.30ドル。一時1334.30ド ルと昨年12月24日以来の安値。パラジウム先物12月限は2.3%下落の 同812.60ドル。一時は807ドルと6月13日以来の安値。

原題:Gold Falls on Equity Rally as Silver Slumps to Four-Year Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE