中国で今「6」買うなら14万円-非正規ルートで500万台流入も

リウ・ミン氏は北京のアップルスト アのすぐ近くに立ち、店内では買えない商品を売り込む。「iPhon e(アイフォーン)6」だ。

アップルの新型アイフォーン「6」「6プラス」は19日、米国と香 港、日本、オーストラリアで発売されるが、世界最大のスマートフォン 市場である中国での発売日は発表すらされていない。

16ギガバイトの「6」を8000元(約14万2000円)で2日以内に届け ることを約束するリウ氏にとってはチャンスだ。アップルの香港向けウ ェブサイトに掲載されている価格のほぼ2倍でも売れると同氏は踏んで いる。

リウ氏はアップルストア三里屯店の外で「新型アイフォーンが中国 で正式に発売されるのはまだしばらく先のようだ。もし今すぐに欲しい なら、それなりの支払いは覚悟しなければならない」と話した。「君も 欲しいなら僕に電話してくれ」と言い残したものの、どのようにして 「6」を仕入れるのかについては明らかにしなかった。

こうした人物はリウ氏だけではない。近くにいた4人の売り手 は128ギガバイトの「6」を20日に届けると言ってきた。ただし価格は 約2441ドル(約27万円)で、香港での価格(約927ドル)の倍以上だ。

中国の消費者はこれまでアップルが中国で新しいアイフォーンの販 売を始めるまで少なくも3カ月待つことが多かった。カウンターポイン ト・リサーチの調査ディレクター、ニール・シャー氏(ムンバイ在勤) は新型モデルが正式に発売される前に最大で500万台のアイフォーンが 非正規ルートで中国に入ってくる可能性があるとみている。

必要な認可

中国国営の新華社通信は18日、新型アイフォーンは必要な3つの認 可のうち2つを得たばかりだと報じた。新華社電によれば、引き続き工 業情報省からネットワークアクセス免許の取得が必要だという。

アップル広報担当の呉青穎氏(北京在勤)は中国での新型アイフォ ーン発売時期や非正規ルート経由の流入品の市場への影響、当局への申 請状況についてのコメントは避けた。呉氏はできるだけ早期に中国で 「6」を発売するとのこれまでのコメントを繰り返した。

加入者数で世界最大の携帯電話会社チャイナ・モバイル(中国移 動)の奚国華会長は今週、中国本土市場でいつ新型アイフォーンが発売 されるか同社は承知していないと語った。

原題:Gold IPhones at $3,600 as Hong Kong Traders Sell on Black Market(抜粋)

--取材協力:Lulu Yilun Chen、Richard Frost.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE