アリババ会長、GE会長や投資家ら米実力者と会談計画-関係者

中国のアリババ・グループ・ホール ディングの創業者ジャック・マ(馬雲)会長は、一瞬たりとも無駄にせ ず、大企業の最高経営責任者(CEO)から富豪投資家や元大統領に至 るまで米国最大級の実力者に接近しようとしている。

マ会長は19日、アリババ・グループ・ホールディングの上場後の非 公開の昼食会を皮切りに、ゼネラル・エレクトリック(GE)やブラッ クロックなどの20人余りの有名CEOおよびプライベートエクイティ (PE)投資会社KKRの創業者と会談する予定。その後はニューヨー クのレストランで開かれる投資家やメディア関係者とのレセプションに 向かう見通しだと、事情に詳しい関係者が明らかにした。来週にはクリ ントン元大統領率いる「クリントン・グローバル・イニシアチブ」の会 合に出席する。

アリババの新規株式公開(IPO)は218億ドル(約2兆3700億 円)と、米国で過去最大規模。中国一の富豪となったマ会長(50)にと って仕事はまだ始まったばかりだ。アリババの世界展開を目指す同会長 が今後数日間ニューヨークで会談を行うのは、GEのジェフ・イメルト 会長兼CEO、KKRの共同創業者のヘンリー・クラビス氏やシティグ ループのサンディ・ワイル元CEOらとの少人数の会合に出席すること で、非公式ではあるものの影響力の大きいお墨付きを得るのが狙いだ。

アリババの広報担当ボブ・クリスティー氏は、同社の上場後のマ会 長の計画についてコメントを控えた。

原題:Jack Ma Said Planning Personal Roadshow With Clinton to Immelt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE