ブラック・ロックやフィデリティもアリババ大量保有へ-関係者

中国最大の電子商取引サイト運営会 社、アリババ・グループ・ホールディングの米国での新規株式公開 (IPO)に伴い、世界最大の資産運用会社である米ブラックロックや 投資信託会社フィデリティ・インベストメンツなど少なくとも6つの大 手機関投資家が、アリババの株式を大量保有する見通しだ。事情に詳し い複数の関係者が明らかにした。

18日の発表によれば、アリババのIPOの公募価格は1ADR(米 国預託証券)68ドル。同社とヤフーなどの既存株主が計3億2010万 ADRを公募・売却し、218億ドル(約2兆3800億円)規模のIPOと なる。

非公開情報であることを理由に複数の関係者が匿名を条件に語った ところでは、フィデリティとブラックロック、T・ロウ・プライス・グ ループは、アリババの新規公開株の最大の割り当ての一部を要求し、新 たな主要株主の一角に加わる見込みだ。

関係者によれば、ウェリントン・マネジメントとパトナム・インベ ストメンツ、ワッデル・アンド・リード・ファイナンシャルも割り当て を求めた。関係者の1人によると、いずれも10億ドル相当を上回る株式 を要求したという。

原題:Alibaba Group Said to Draw IPO Orders From Fidelity to BlackRock(抜粋)

--取材協力:Sabrina Willmer、Charles Stein.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE