ドイツ債下落、米失業保険申請件数が減少-ECBオペも注目

18日の欧州債市場ではドイツ国債が 下落。この日米国で発表された新規失業保険申請件数が減少し、安全資 産需要が弱まった。一方、欧州中央銀行(ECB)が公表した初回の条 件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)での割当額は予想を下回 った。

同割当額が826億ユーロにとどまったことで、ユーロ圏の成長回復 のためにECBがソブリン債購入に踏み切るとの観測が浮上。これでス ペイン債が押し上げられた。2年債と5年債の入札をこの日実施したフ ランスの国債は値下がり。同国格下げの観測も重しとなった。スペイン とアイルランドの入札では落札利回りが過去最低となった。

INGグループのシニア金利ストラテジスト、アレッサンドロ・ジ アンサンティ氏は「TLTROの応札額は欧州債市場で冷ややかに受け 止められた」と指摘。「ドイツ債市場はユーロ圏での量的緩和をかなり 織り込んでいるので、現在の水準から値下がりする余地は限られてい る。つまり、ドイツ債の利回りは米国の経済データに一段と敏感になり つつあるということだ」と説明した。

ロンドン時間午後4時41分現在、ドイツ10年債利回りは前日比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.09%。一時は8月7 日以来の高水準となる1.10%に達した。同国債(表面利率1%、2024年 8月償還)の価格は0.33下げて99.205。

スペイン10年債利回りは1bp低下の2.28%。同年限のドイツ債に 対する利回り上乗せ幅は119bpと、前日の123bpから縮小。フラン ス10年債利回りは5bp上昇して1.46%。

米労働省の発表によると、先週の新規失業保険申請件数(季節調整 済み)は前週比3万6000件減の28万件。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト予想中央値は30万5000件だった。TLTROについ てブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想のレンジ は1000億-3000億ユーロ、中央値は1500億ユーロだった。

原題:German Bonds Drop After U.S. Jobs Data, ECB Loans Miss Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE