独バイエル、プラスチック部門を分社化へ

ドイツの医薬・化学複合企業バイエ ルは、プラスチック部門のスピンオフ(分離・独立)を実施する計画 だ。化学品業界からの撤退を進め、より収益性の高いライフサイエンス 事業に軸足を移す。

バイエルが18日発表した資料によれば、取締役会が決めた同部門の スピンオフは監査役会の承認が必要。スピンオフが実現すれば、同社に は医薬品、農作物向け化学品、作物種子を生産する部門が残ることにな る。プラスチック部門は別会社として上場する予定。

原題:Bayer Plans Stock-Market Listing for Material-Science Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE