【今日のチャート】アリババ株にご用心、大型IPO銘柄は不調

過去の大型新規株式公開(IPO) の例を見る限り、アリババ・グループ・ホールディングのIPOで同社 株を購入した投資家は損をする公算が大きい。

米国の取引所に上場した大型IPO銘柄5つのうち4つが、公開の 1年後に17%を超える下落となった。今日のチャートが示している。例 外として2007年に197億ドル(約2兆1400億円)を集めたビザだけ は28%上昇していた。18日に価格を決定するアリババのIPO規模は最 大218億ドルで、米史上最大となる見込み。

ビジネスモデルの成功が既に認知されている大企業は実現不可能な 期待を抱かせるため、IPO後に株価が下落することが多いと、グリー ンウッド・キャピタル・アソシエーツのウォルター・トッド氏が指摘す る。

アリババのIPO仮条件レンジの上限の場合、時価総額は1676億ド ルとなる。これは15年3月までの1年間の利益についてブルームバーグ がまとめたアナリスト4人の予想の29倍。

トッド氏は電話インタビューで、「投資家は株式非公開だった大企 業の株を最初に買えるようになると飛びつく。企業側は騒がれ過ぎるこ とで、短期的には株主を失望させる運命になってしまうリスクがある。 アリババの場合、明らかにこれに当てはまる」と話した。

原題:Alibaba Buyers Beware Past Mega-IPOs Tumbling: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE