訴訟リスクという「巨象」、ECB審査は野放し-UBS会長

スイス最大の銀行UBSのアクセ ル・ウェーバー会長は、欧州中央銀行(ECB)による銀行バランスシ ートの「包括的審査」について、訴訟リスクに対応しておらず、投資家 の信頼感回復には不十分との見解を示した。

ECB政策委員会の元メンバーであるウェーバー氏は、ブルームバ ーグテレビジョンとのインタビューで、「訴訟リスクなどのオペレーシ ョナルリスク(銀行業務の運営上のリスク)こそ、市場が現時点ではる かに注目している問題だが、重視されていない」と発言。「通常の金融 リスクやカウンターパーティーリスクの一部について市場を安心させた ところで、それ自体では信頼醸成につながらないだろう。部屋の中にい る別の巨象が野放しになっているからだ」と語った。

ウェーバー氏は「中央銀行に資産評価を行わせ、ステートメントを 出させる急場しのぎの対応で、誰もが銀行を信頼するようになると思う のは、理想主義的な考え方だ」と指摘した。

原題:UBS’s Weber Says Litigation Bigger Investor Worry Than ECB Test(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE