中国株(終了):続伸、人民銀の措置を好感-香港株は下落

中国株式相場は続伸。中国人民銀行 (中央銀行)が資金逼迫(ひっぱく)の可能性に対処し、不動産価格下 落で損なわれた経済を支えるため追加措置を講じた。

中国本土の銀行株が上げをけん引。中信銀行(601998 CH)は4.6% 高、交通銀行(601328 CH)は1.9%高となった。医薬品メーカーの四川 科倫薬業(002422 CH)は3.1%上昇した。

金地集団(600383 CH)や保利房地産集団 (600048 CH)などの不 動産株は安い。中国の主要70都市中68都市で、8月の新築住宅価格が前 月から下落した。

香港市場では、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)や中国石油化 工(SINOPEC、386 HK)などが下落し、中国本土企業で構成する ハンセン中国企業株(H株)指数を押し下げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比0.4%高の2315.93で終了。上海、深圳両証取のA 株に連動しているCSI300指数は0.3%高。

中融人寿保険のラリー・ワン最高投資責任者(CIO)は「政府が 株式相場上昇を望んでいるのは明らかだ。不動産のデータはマイナスか もしれないが、投資家は一段の改革に賭けている」と述べた。

香港のH株指数とハンセン指数はいずれも0.9%安で引けた。

--取材協力:Kana Nishizawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE