アリババの企業構造に対するSEC調査は不十分-米上院議員

アリババ・グループ・ホールディン グなど中国企業が上場するため利用するリスクをはらんだ企業構造から 投資家を守るため、米規制当局は十分な対策を行っていない。ロバー ト・ケーシー上院議員(民主、ペンシルベニア州)が米証券取引委員会 (SEC)宛ての書簡でこう指摘した。

上院財政委員会に所属するケーシー議員は、アリババの企業構造お よび同社株を購入する米国の投資家に及ぶリスクを適切に審査している とするSECの説明に満足していないと記した。

アリババ株の米国での取引初日は19日に予定されており、新規株式 公開(IPO)の規模は218億ドル(約2兆3700億円)と史上最大とな る可能性がある。

変動持ち分事業体(VIE)として知られるこの企業構造は、イン ターネットや通信など主要産業における外資規制を回避したい中国企業 に使われている。主要インターネット企業を含む200社余りの中国企業 がこの構造を活用して米国の証券取引所に上場しているとケーシー議員 は指摘した。

原題:Alibaba Structure Review by SEC Inadequate, Senate’s Casey Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE