アリババIPO、市場参加者には必要な時間を確保-NYSE

中国最大の電子商取引運営会社アリ ババ・グループ・ホールディングのニューヨーク証券取引所での初取引 に向けて作業を進めるマーケットメーカーにはまだ時間的余裕がある。

同証取を運営するNYSEグループで新規株式公開(IPO)部門 を率いるシニアバイスプレジデントのデービッド・エスリッジ氏はイン タビューで「問題解決に15分かかろうと、1時間15分かかろうとわれわ れは気にしない」と説明。「引き受けチームや指定マーケットメーカ ー、他の全ての市場参加者が望むような形での滑り出しになるよう、わ れわれは支援を惜しまない」と述べた。

アリババのIPOは世界最大規模になりそうだ。同氏によると、 NYSEではコンピューターのテストが実施され、アリババ上場の準備 が整っている。昨年11月のツイッターの初取引が大きな障害に見舞われ なかったことを踏まえ、NYSEは同証取のオークションシステムはど んなレベルの需要にも対応できると自信を持っている。2012年のフェイ スブックIPOでは、ナスダックOMXグループでの取引初日にシステ ム障害が発生した。

エスリッジ氏は「われわれには立会場での豊富な経験がある」と し、19日のアリババ株取引開始に備え「ウォール街がまとまって取り組 んでいる」と述べた。オプション・先物の決済日が重なりボラティリテ ィ(変動性)や取引高が膨らむことが多いいわゆるクアドルプル・ウィ ッチング・デーと取引初日が同じ日であることにもNYSEは動じてい ないという。

上場に際し初値を決めるオークションなどは、ニューヨーク証取本 部でトレーダーが手掛けるが、ナスダックや米国の他の証取ではソフト ウエアで実施される。

原題:NYSE Says Alibaba Traders to Get All the Time They Need at Open(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE