印ランバクシーに米司法省が情報請求-メディケイドめぐり

インドの製薬会社ランバクシー・ラ ボラトリーズは米国のメディケイド(低所得者向け公的医療保険)を通 じて販売する医薬品向け価格データの報告方法について司法省から質問 を受けている。

ランバクシーが18日発表した資料によると、司法省は民事審査請求 (CID)を通じ資料と情報の提供を求めた。同省の質問は不正行為を 指摘したり制裁金を提示するものではないという。同社は協力するとし ている。

メディケイドは州と連邦の共同プログラムで、カイザー財団による と、低所得層の6600万人が加入。医療保険改革法(オバマケア)の下で 規模が拡大している。医薬品メーカーはメディケイド以外での販売価格 に基づき、同制度で値引きを提供する。値引きのベースになるデータ報 告はメーカー側の裁量に委ねられている。

原題:Ranbaxy Questioned on Medicaid Prices by U.S. Justice Department(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE