ロンドンの為替トレーダーのボーナス、大幅に減少か

ロンドンの為替トレーダーのボーナ スが、銀行の他部門の従業員と比較して最も大幅に減少すると予想され ることが、報酬分析会社エモルメントの調査で明らかになった。相次ぐ スキャンダルを受け規制当局が監督を強化していることが背景にある。

報酬分析ウェブサイトを運営するエモルメントの推計によると、為 替トレーダーの今年のボーナスは43%落ち込む可能性が高い。一方、商 品トレーダーは41%増加すると予想されている。昨年のボーナスは為替 トレーダーが13万4000ポンド(現在のレートで約2400万円)、商品トレ ーダーは10万6000ポンドだった。

ディーラーらが顧客情報を流出させたり、共謀して指標レートを操 作したりしたとの疑惑が広がる中、1日当たりの取引が5兆3000億ドル (約575兆円)に上る為替市場の調査が進められている。金融危機の再 発防止を目指し規制当局が過剰報酬の抑制を目指す中、顧客の活動が弱 まっていることも為替トレーディング収入を圧迫。EU(欧州連合)は 固定給の2倍を超えるボーナスの支払いを禁止している。

英人材仲介会社ケネディ・グループのジェーソン・ケネディ最高経 営責任者(CEO)は「為替市場は厳しい状況にあり、失業中のトレー ダーが多い」と指摘。「為替トレーダーらには移籍先がないため、高額 のボーナスを支払う必要はない。銀行側も相次ぐスキャンダルの後でリ スクを取りたくはないとして、普通の水準のボーナスですら支払わず、 注目されるのを避けている」との見方を示した。

原題:London Currency Traders Set for Biggest Bonus Drop Amid Scandals(抜粋)

--取材協力:Julia Verlaine、Elena Logutenkova、Agnieszka Troszkiewicz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE