リアルワールド初値78%高、「おしゃれ内職」のクラウド事業

クラウドサービスの運営などを行う リアルワールドが18日、マザーズ市場に新規株式公開(IPO)した。 公募価格の2530円対し朝方から買い気配値を切り上げ、午前の取引終了 間際に78%高の4505円で初値を形成した。

同社は、運営するサイトに登録した会員が行ったアクションに基づ いて得た収益を会員に一部還元するクラウド事業、同事業で会員に付与 されるポイントの交換を行うポイントエクスチェンジ事業を展開。クラ ウド(CROWD)事業では成果報酬型広告のほか、顧客から受注した業務 を会員が分担する受託業務を行い、データ入力やチェック作業などネッ トでできる仕事を提供する「おしゃれで新しい内職」のようなサービ ス、と説明している。

2014年9月期の連結業績計画は、売上高が前期比34%増の27億7600 万円、営業利益は5.1倍の1億9800万円、1株利益45.12円の見込み。上 場に際し公募27万400株、オーバーアロットメントを含む売り出し29 万4300株を実施した。主幹事は大和証券。

いちよし証券投資情報部の宇田川克己課長は、「今期業績が大幅な 増益見通しで、成長イメージを持ちながらの上場。クラウド関連は業態 としても人気化しやすい」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE