中国アリババ株、初取引で38%急伸-時価総額2314億ドル

ニューヨーク株式市場では、中国の 電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの株価が新規株式 公開(IPO)後の初取引で急伸した。IPOの規模は218億ドル(約 2兆3800億円)で、米国史上最大。

アリババ株はIPO価格を38%上回る93.89ドルでこの日の取引を 終えた。IPO価格は68ドルだった。英語教師だったジャック・マ(馬 雲)会長が1999年に自室のアパートで創業したアリババはこの日、時価 総額2314億ドルの巨大企業となった。これはアマゾン・ドット・コムと eベイを合わせた規模を上回る。

ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、マ氏はこの日の初商い の前の時点ですでに純資産219億ドルの中国一の富豪。届け出による と、IPO後に同氏の持ち分は約7.8%の見通し。

今回のIPOは、米国史上最大となった。さらに追加分が引受業者 に売却されれば、2010年の中国農業銀行の220億ドルを抜いて世界全体 でも過去最大となる可能性がある。

マニュライフ・アセット・マネジメント(トロント)のポートフォ リオアドバイザリーグループのディレクター、ケビン・ヘッドランド氏 は、「市場が活気を失う前の今がタイミングとして望まれていた」と指 摘。同社が今回は投資を見合わせたことについて、「熱気に動かされて 行動するよりは、落ち着いて企業の価値を見極めるのが賢明だ」と説明 した。

9年前に約10億ドルをアリババに出資した米ヤフーは、1億2170万 ADRを売り出す。IPO価格に基づく売却収入は約83億ドルとなる。 株式の放出で出資比率は22.4%から16.3%に低下する。

目論見書によると、アリババの筆頭株主であるソフトバンクは今回 株式を売却せず、IPO実施後の持ち株比率は32.4%となる。

原題:Alibaba Surges in Trading Debut After Record-Breaking IPO (1)(抜粋)

--取材協力:Joseph Ciolli、Eric Lam、Lu Wang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE