ボーイングとスペースX、有人宇宙船開発へ-NASA契約獲得

国際宇宙ステーション(ISS)に 飛行士を運ぶ宇宙船の開発契約は、米ボーイングと資産家イーロン・マ スク氏率いるスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペ ースX)の2社が獲得した。新しい宇宙船の開発により、米国はISS と地球を結ぶ有人飛行でロシアへの依存を終わらせる。

米航空宇宙局(NASA)の16日の発表によると、契約規模は最 大68億ドル(約7300億円)で、ボーイングが42億ドル、スペースXが26 億ドルとなる。

2011年のスペースシャトル退役後、NASAは飛行士の輸送をロシ アの「ソユーズ」に頼っている。ロシアとの契約に伴う費用は1席当た り約7000万ドルで、ウクライナ危機をめぐる緊張が状況を複雑にしてい る。ボーイングとスペースXが開発する宇宙船は、17年にソユーズに取 って代わる。

米コンサルティング会社ティール・グループの宇宙研究担当ディレ クター、マーコ・カセレス氏は、「ロシアがある日突然、『もう米国の 宇宙飛行士は運ばない』と通告してくることは十分あり得る」と指摘。 「NASAはこうした可能性を想定している。そのため、この計画をで きるだけ速やかに進めることを望んでいる」と述べた。

原題:Boeing-SpaceX Team Shares $6.8 Billion NASA Space Taxi Award (3)(抜粋)

--取材協力:Alan Ohnsman、James Rowley、Thomas Black.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE