米トウモロコシ豊作で貯蔵場所不足-農家、安値でも売却へ

米国ではトウモロコシと大豆の生産 高が今年、過去最高水準に達する見通しで、農業経営者らは収穫した穀 物の貯蔵場所をどうするか思案を巡らせている。

米農務省によれば、トウモロコシと大豆の生産高は計183億ブッシ ェルに上る見通し。一方、農家のサイロの貯蔵能力は計130億ブッシェ ルにとどまっており、生産高が貯蔵能力を上回るのは確実だ。このた め、農家は価格上昇を待たずに穀物を売却する必要があり、米アーチャ ー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)やブンゲなどの穀物加工業者 に有利な状況となりそうだ。

「新規の貯蔵能力は大きいが今年はそれでも不十分だ」。ミズーリ 州モンローシティーでトウモロコシ生産と豚の飼育を手掛けるトニー・ ヘイズさん(60)はそう語る。今年は16万ブッシェルを貯蔵できる直径 約105フィート(32メートル)、高さ4フィートの金属で取り囲んだ貯 蔵所を増設した。

収穫期に穀物供給が過剰になるのは例年のことだが、今年は生育環 境が最適に近い状態であるため、農家が貯蔵能力を25年ぶりの高水準に 拡大したにもかかわらず、貯蔵スペースが2010年以降で最も不足する可 能性が高まっている。

原題:Record Corn Fills Silos While Eroding Farmer Prices: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE