ソフトバンク孫氏が日本一の富豪に、柳井氏抜く-アリババ効果

ソフトバンクの孫正義社長が16日、 ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長を抜いて、日本一の富豪の 座に就いた。ソフトバンク株が先週初めから16%上昇したからだ。

ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、孫氏(57)の資産 は166億ドル(約1兆7790億円)、柳井氏(65)の162億ドルを上回っ た。

ソフトバンクは中国の電子商取引最大手、アリババ・グループ・ホ ールディング株の約34%を保有している。アリババの新規株式公開 (IPO)計画がソフトバンク株の追い風になっている。アリババは今 週、IPOの仮条件レンジを引き上げ、IPO規模を最大218億ドルと した。

CMCマーケッツのシンガポール在勤ストラテジスト、デズモン ド・チュア氏は「間もなく実施されるアリババのIPOは確実に孫氏の 資産を大きく増やす」と指摘、「インターネット関連株は値動きが大き いが、一部銘柄には十分な価値がある」と述べた。

アリババのIPO価格がレンジの上限で決まっても、株価収益率 (PER)は上場されている他の中国インターネット企業に比べ低い。

孫氏はソフトバンク株2億7200万株近くを直接または持ち株会社を 通じて保有している。ブルームバーグの指数では、資金を借り入れた場 合の担保として差し入れられている6370万株は計算に入れていない。ソ フトバンク広報担当の小寺裕恵氏は孫氏の個人資産についてコメントを 控えた。

孫氏は8月、ソフトバンク傘下の米スプリントによるTモバイル US買収を断念した。「ユニクロ」ブランドを展開するファーストリテ イリングは傘下の「Jブランド」に絡み特別損失を計上する。同社広報 担当の坂口由紀恵氏も柳井氏の資産についてコメントしなかった。

原題:Softbank’s Son Overtakes Uniqlo Owner as Japan’s Richest Person(抜粋)

--取材協力:Terje Langeland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE